クリヲ音

 日々のたあいのないこと、 ときどきものづくりのこと

<< 梅たち | main | 居候(観察記その1) >>
私のです。
 

きょう初めておまわりさんに止められました。

荻窪に行くとちゅうの西荻窪付近の中央線の高架下、
自転車をこぐわたしの前にはおまわりさん。
さいきん自転車の盗難が多いとのことで登録証の確認をされました。
相方は止められたことがあると聞いたことがあり、
どんなものかと内心ワクワクしました。
端末でぴぴぴと調べている最中、
ほーそういうのがあるんだ、とか
私のですよー、とか声に出さず思ったり、
長距離を走らせてきて呼吸があらくなっていたので
怪しく見えないようにしなきゃと平静を装ったりしておりました。

そこまではよかったけれど、
確認しているあいだに
若い兄チャンが自転車で横を素通りしていきましたよ。
どっちかっつうとそっちのほうが怪しいんですけど?


調べているあいだ横に目をやると
駐車してあった車のドアには
こじ開けられたあとがありました。


荻窪までの道のり、
やけに警官やパトカーを多く見かけるので
ちょっと怖くなりました。

物騒な世の中です。




そして荻窪に行ったついでに







以前から行きたかった古本カフェに行ってみました。
定休日だったのですが、
場所の確認だけでもと。

 

またの機会に。



帰り道とちゅうの吉祥寺。
たてもののスキマの奥にも古書店がありました。
こちらも残念ながらお留守でした。

  



さいきん古書店や古本カフェをよくみかけます。




| life | comments(2) | pookmark |
コメント
警官の人も、女性に話しかけたかったのかも???
なんてね

私も昨日、駅で警察官の人を見ました。

大阪の事件の影響かしら・・・車内でもみまけました。
模倣犯の予防かな?

まーちゃんと巡回していただくと安心ですよね。

所で最近の宮沢賢治の本(製本し直し)を本屋で
見かけました、絵が可愛く、字が大きいので
子供にも理解がしやすそう。

図書館に無いか探して見ます。
教科書に載っていたカニの泡ぶくの話
(題名忘れた)
今も心に残っています。

ちなみに今読んでいるのは、
「御宿かわせみシリーズ」NHKの時代劇ドラマの
原作者だと思いますが、なかなか面白い。
| ousuke | 2008/06/26 7:52 AM |
>ousukeさん

いや、違います(笑)。
前からやってきた人も確認されたっぽかったですから。
確認が終わってすぐの道を曲がったところにも
いっしょに来たらしい警官が2人いました。
その近辺でもかなり見かけました。
全国的に警戒を強めているのかもしれませんね。


カニのお話は『やまなし』ですね。
この前購入した本に載っていましたがまだ読んでおりません。
出しておいたのですこしにおいが薄らいできました。


時代劇ですか。
渋いですね〜。
わたしはというとやっぱり児童文学です。
アンデルセンの『絵のない絵本』など、
読みたいな〜なんて思うのだけど、
まだ新潮社の宮沢賢治を読み終えていないまま止まっています。

やっぱりウクレレやりだしたからだな〜。

| kuri | 2008/06/26 4:21 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE