クリヲ音

 日々のたあいのないこと、 ときどきものづくりのこと

<< お片づけ | main | 監視 >>
ハイテンション・ショー
  

鼻歌でしょうかね。

ときおり鳴くともちがう声で
キュッキュ、キュッキュ歌っています。
蛇口からでる水の音や
ドライヤーの音にも反応して
小さく誰に歌うでもなく
自分の世界にはいっています。



さて、
ここで書かれているヒヨシはおとなしくて
かわいらしい印象ですが(そうだっけ?)、
実際はそうではありませんのだ。




日に数回、
テンションがあがって
カゴの方々へ跳びはね、しまいにはそこからダイブします。
いまだに飛べると思っているのです。
座卓の上に置いたカゴがふだんの居場所ですから
そこからのダイブとなると
まわりのにんげんにはかなり強烈な光景です。

はじめは一人餌の練習をはじめた次の日の朝、
鳴いてもほおっておいたので
となりにいた相方めがけて跳びました。
その距離80cmほどでしょうか。
わたしの仕打ちに対して相方に訴え出たのでありましょう。
朝っぱらから度肝を抜かれたわたくしは
コイツ、目が離せない…と思った次第でありますよ。
それから日に二度三度跳ぶようになりました。
あるときは床(空?)へ、
またあるときはわたくしのヒザめがけて。
肌色の脚は今ではたくましくなりやや黒に。
太ももにはラクダのモモヒキのごとくやわらかい羽毛が生え、
強靭な脚へとなりました。
ただスタミナはもたないようで、
一度暴れるとしばらくはおとなしくなります。
持久力がないようです。


うわ、いまも跳んだよ。




| hiyoshi | comments(4) | pookmark |
コメント
ダイブ姿を見てみたいけど
きっと、飼い主さんにしてみたら
ひやひやするでしょうね・・・。
| ousuke | 2008/09/30 7:23 AM |
ヒヨシぴょん ...
なにか思いつめているのでしょうか
「兄弟はみな ... おいらも飛ばねば!」的な ...
なんだかせつないのぅ
でもキュッキュはかわいいのぅ
| かいもん | 2008/09/30 9:43 AM |
>ousukeさん

いやー…
突然なんでコワイですよ。
こういうとき
にんげんはどうしたらいいかわからず
困り果てます。
きちんと着地ができればよいのですが、
テーブルの上だと失敗することが多く、
裏返っちゃいます。
裏返ると自分で起きれないのです。
ハイテンションは
にんげんが居るときだけのようなので
それは安心していますけどね。

飼い主ではなく保護主ですよー。
(ここ重要。)

| kuri | 2008/09/30 10:38 AM |
>かいもんさん

本能なのでしょうね。
そして未だ解っておらぬようです。
左の翼はりっぱになって
ほんとだったら今ごろ秋の味覚でも
啄ばんでいるころだったのでしょう。

仲間たちをみかけると
せつなくなります。
キュッキュキュッキュ。

| kuri | 2008/09/30 11:00 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE