クリヲ音

 日々のたあいのないこと、 ときどきものづくりのこと

懐かしい顔
 

なにげなく裏の窓を開けたらノラネコを見かけました。
いなくなるかなと思いつつカメラを取り
構えたら近くによってきましたよ。
あれ?オマエサン、
いつぞやの三毛ネコ?
あのときはヒナたちを守るべく
追っ払ったけれど、
ホントはかわいいやつだったのだね。



そのころのヒヨシはというと、

 

ヒヨシるーむを大そうじしたので
お部屋が乾くまでのあいだ
幼少期に過ごしたカゴでしばし待機。
お外のことなど気にもとめず
ぼー。


懐かしいと言えば
あさっては懐かしい顔に会います。


| haconiwa | comments(2) | pookmark |
めだかちゃん
  数ヶ月前のようす

出会いもあれば別れもある。
生きていれば誰しもおとずれる命のおわり。

ハコニワの住人、
めだかちゃんが虹の橋をわたりました。
わが家では、はじめは水鉢に数匹いたメダカも
けっきょくは1匹だけになることがほとんどです。
2年と数ヶ月、
一般的なメダカの寿命かと思います。
数日前から痩せてきてたので
覚悟はしておりました。

わが家の水鉢は小さいなりにビオトープにしていて
エサはあたえずに自然に繁殖した藻などを食べておりましたが、
メダカとは思えぬ太鼓腹でした。
ときに長く茂った藻に身をゆだね日向ぼっこをしていたり
ほんとうにかわいかった。
制作のあいまの癒しでありました。

ありがとうね。



| haconiwa | comments(6) | pookmark |
はるばる
 

サフランの球根さんが鹿児島からはるばるやってきました。
ようこそです。

リンクさせていただいております
かいもんさんからわけていただいたのです。
写真館のページが更新されていたので
のぞいてみたら、あらあら、かわいらしい。
サフランさんもかわいらしいけれど
サフランさんのごしゅじん(かいもんさん)もかわいらしい。

かいもんさんー、ありがとうございます。

  

  
 <写真上左>袋にはどんぐりさんが忍ばせてありました。
       (コレまた偶然でなんとなく運命?それはまた今度。)
 <写真下右>かわいらしい手書の植え方と、封筒を留めたシールで遊ぶヒヨシ。


家にある植木鉢ではちいさいので
雨が小ぶりになるのをみはからって
暗くなるまえに自転車で園芸店に行きました。
(わがままきかんぼうのヒヨシを置いて。
帰ったらおとなしくなっていました。すこし反省した様子。)

もうおそくなってしまったのであしたの朝
ふっくらふかふかおふとんに入れましょう。
たのしみです。


かいもんハーブ畑
http://www2.synapse.ne.jp/kaimon-herb/




| haconiwa | comments(2) | pookmark |
天気のいい日
 

あまり強くない陽が出ている暖かな午前中2時間ほど
ヒヨシを日向ぼっこさせています。
相方の提案できのう日向ぼっこついでに
浅く水をはった小さなトレイを置いたら
自ら水浴びをしておりました。
きょうなんかひと通りパシャパシャしたら
いままでに聞いたことのない奇声をあげておりました。
お風呂上りのにんげんと同じですね。


この種にかぎらず
そとのおひとは自我が強い。
だからこそ束縛はできないのだと納得です。
自由なにんげんよりももっともっと
自由な思想をもったいきものであるのだと、
きっと、そう思います。

振り回されっぱなし。


 

それでいて愛らしい。



| haconiwa | comments(2) | pookmark |
保護す
  爆睡中。

ヒナを1羽保護しました。
鳥としての1番の防御、羽根が片方折れていました。
数日前から羽根の向きがおかしいとは思っていて
サイトなどでヒナのことなどを調べてはいました。
でもなにかあるまではとそっと傍観しておりました。

そのときは突然やってきて
いままで遭遇したことのない事態に頭がパニックしてました。
どこの病院に連れて行ったらよいのかもわからず、
ウクレレつながりの獣医さんに相談したり、
ペットショップの方は親身になっていただき
(エサを分けてもらいました)、
結果的に2件目の病院で(1件目で右羽根を固定)
食事のことなどをくわしく聞くことができ
にんげんが安心することができました。

ヒナはスズメからカナリアぐらいに一気に大きくなりました。
飛べないけれど、
生命力の強い子です。

みんな無事に巣立ってくれることがいちばんの願いでしたが、
それも叶わず。
ただただ無事に大きくなってくれることを願ってやみません。

あうー。


| haconiwa | comments(4) | pookmark |
育児参加型
  

日曜日にヒナたちは巣立ちました。

土曜日の夜、
いつもは夕方7時ころには母ヒヨちゃんは巣に戻ってきて
ヒナたちを守っておりましたが、
その日ヒナたちにごはんをあげたあと
巣には戻ってきませんでした。

小どんぶり大の巣からは4羽のヒナたちが
かるく盛り上がっている状態。
さすがに上には乗れないのだろうと
本宅へと戻ったご様子。
本宅とは直線距離で数百メートル先の森のお家。
そこだけ100年齢くらいの広葉樹がたくさんあるお宅があって
そこに旦那ヒヨが住んでいると推測しています。


巣立ちはまだ数日先かと思っていた次の日、
9時半ころ起きたときには巣には3羽しかおらず、
巣立ちが始まっていました。
2羽目が母ヒヨにうながされて
例のことり団地のほうへ飛びました。
木には着地できませんでしたが、
第一関門の垣根は無事飛び越えたので
生後11日目であんなに飛べるんだと感心しましたよ。
びっくりです。

 

なによりもいちばん感心したのが、
ことり団地にもう1羽親鳥がいたこと。
ああ、たぶん、あれ、だんな様ですな。
ちゃんと参加されておりましたよ。
すごいです。

ヒヨドリってすごい!



続きを読む >>
| haconiwa | comments(4) | pookmark |
ヒナの悲しみ
 

口をぽっかり開けて

ごはんがくるのを待っています

でもね

ヒナで在るが故に

眠さにまけてしまうのです


                   <ヒナ、ココロの詩>



 * * *


ほぼ日の気まぐれカメラみたいにしてみました。



続きを読む >>
| haconiwa | comments(2) | pookmark |
ヒナの夢
  ←ほわっとしてきた。

それは幸せの夢。

母ヒヨがごはんを調達に行っているあいだ、
静かに眠っていたと思ったら
目を瞑りながらいきなり『ぴー』と鳴き
空に向かって口を大きく開けることがあります。
そしてあれっ?とした表情をしてからまたオヤスミします。

きっとごはんの夢をみていたんだね。


きょうも昼まえから雨が降りだしました。
しばらくしたら母ヒヨちゃんが猛スピードで
巣に戻って雨からヒナを守っておりましたよ。
母は強い。


 

ヒナズはみんな目が見えるようになって
つぶらな瞳がかわいいです。
けれどあんまり近づけなくなるなぁ。



| haconiwa | comments(4) | pookmark |
発毛
 

きのうが丸刈りならきょうは五分刈り。
ちなみにおとといはスキンヘッド。
というように勢い良く毛が生えてきたよ。

びっくりするくらいの勢いだよ。


  
歌っていますね、コーラス隊。
夕方になると秋の虫にまじって
小さく鳴いているのがかわいい。





 

作り直そうと思っていたコースター、
やっと作りました。
裂き編みにしてみました。





| haconiwa | comments(2) | pookmark |
勢い
 

巣のきわに首をのせるようになりました。
巣から出ちゃいそうな勢いです。
目が開きだしたヒナもいます。
まだ毛はないに等しいけれど、肌は黒くなってきていて
今朝のヒナズは怖いです。
(おっさんのようです。)



  

ヒヨドリは基本口がゆるいようです。




| haconiwa | comments(4) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE